ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

Biwako Session Vol.5




LIVE ARTIST


HOLY SMOK☆Y




ロードの放つ強烈なグルーヴと、
ナオの自然なビートが音の波紋となって全体を包みこみ、
気持ちよく音の世界へと導く。
倍音が共鳴し融合しながら身体の芯まで響き、
倍音を煙のように浸透させる即興民族音楽ユニット。

神社仏閣での演奏、お祭り、野外フェス、
コンテンポラリーなど作品展にも意欲的に参加し、音魂を発信中。




AGENA TATSUKI




大阪生まれ。だんじりの祭囃子ですくすく育つ。
十代終わりから旅に目覚め、二年間ヒッチハイクやキックボード、
たまに無賃乗車で日本を隅々までまわる。
ジプシーカルチャーに出会い影響をうける。
22歳の頃、日本を回り尽くしたのでオーストラリアへ。
生活の為に始めた路上演奏で、ディジュリドウを本格的に始める。
以降、路上演奏のみでオーストラリアを一周、
シンガポール、タイ、フランス、オランダ、ポルトガル、アイルランド、イギリス
と武者修行の旅をする。

現在、日本にてディジュリドゥ、アサラト、ハングドラムの先鋭的な表現を追及中。




new sun.tri.tra




sun.tri.tra.(サントリトラ)

Agena Tatsuki(Didgridoo、asalato、Human beatbox、percusion)
Yuki Koshimoto(Space Drum)
Yuji Goto(Cajon、Djembe、Symbal他)
からなるジプシーバンド。

2011年オーストラリアのヒッピーの聖地バイロンベイにて結成される。
メロディ、倍音、リズムの三人から生み出される音は大きなうねりとなり、太陽と月と地球と合わさり次元を超えたダンスを巻き起こす。オーストラリアにてライブハウス、クラブ、ストリート、マーケット、レストラン、バー、地元ラジオなどで活動し国籍を超えた多くの人々を魅了してきた。


一年と半間の充電期間を経て、麦わらの一味の如く再び集結!
それぞれが過ごした音の旅を経て新たな旅が始まる。



marcoheibei




エレキギター、ウッドベース、シタール、タブラ、テルミンが交歓するポスト”ミンゾク”楽団。

鴨印振族




カモジルシシンゾク/関西を拠点に活動するアサラト狂振者集団。
2010年、京都、鴨川において結成。
アサラトの魅力を広めるべく、ライブ、ワークショップを中心に活動中。
常に何かを企むスタイル。

HP http://www.kamozirushi.com/


coupy 4 color




kerii(vo.とか)、
ずんちー(vo.も)、
あんみ(vo.など)、
boo(vo.他)。

召しませ、箸休めユニット。

new Yusuke Matsuda




Yusuke Mazda 2007年からオーストラリアでジャンベ、ディジュリドゥでバスキング生活
しながら多国籍ジプシーバンド"SunFlowerPsyco"で
ベースを担当し様々な音楽イベントに参加。
2009年からインドに通いながらヒンドゥースターニ音楽理論とタブラの演奏技術を学ぶ。
ネパールの山奥で音楽家カースト、ガンダルヴァの村で自給自足生活しながら
人間修行したり、お寺で仏教哲学、神秘哲学等を勉強しつつ変態度アップ☆
エスニック音楽、サイケ、ジャズ、ファンクの要素を含めた
【今、ここ】だけの即興世界を表現します。

Session Time




毎度、恒例のセッションTIMEです!
楽器持参でお越し下さい♪
楽器のない人、初めての人でもたくさんの楽器があります。
楽しみたい人は大歓迎♪
みんなで音の輪を作りましょう!

LIVE PAINT


OT29




2004年京都で結成。
超現場主義ライブペイント集団。
ENTER,MADRICE,EXPOK,KIM,KONIROWなど
様々なバックグラウンドを持つアーティストの集合体。

京都を中心にライブハウス、お寺、
京都国際マンガミュージアム
酒蔵、京都大学西部講堂などをはじめ
様々な場所でライブペイントを続ける。

また地域活性化活動のひとつに子供との
お絵かきワークショップなどを精力的に行う。
独自のペイントパフォーマンス、現場で体感するべし!

今回のフライヤーデザインを手がけてくれたアーティスト。

http://ot29wks.blogspot.jp/

スズメ


VJ


浮遊カゲロウ


2012年より空間の演出に興味を持ちVJとして活動を始める。
マッピングの技術を用いて、スクリーンにとらわれず様々な物体への投影を試みている。

HP http://desert11.com/desert/




フッターイメージ