岩下洋平、中尾幸介、高名哲郎

岩下洋平、中尾幸介、高名哲郎



岩下洋平


インド音楽の未知なる世界に惹かれ2003年から田中峰彦氏より手ほどきを受ける。翌年よりインドの聖地ベナレスにてシタール奏者アマルナートミシュラ氏、声楽家デヴァシーシデイ氏に師事。2005年のドゥルワナートミシュラ氏の九州ツアーでの共演以降、関西を中心インド古典、歌ものユニット「harehare」等活動中。滋賀在住。




中尾 幸介 / タブラー奏者


2007年よりコルカタにて、タブラ奏者ビプロップ・バッタチャリヤ氏から学び始める。

インド古典音楽をはじめ様々なジャンルのアーティストとの共演を重ねる。

2016年パーカッションデュオpaonを結成し、2枚のアルバム「rickshaw」,「Pedogenesis」をリリース。

http://www.kosukenakao.com




高名哲郎


2008年よりインド聖地ベナレスでシタールの師pt.Shivnath Mishraの元、インド音楽を学び始める。

以後数年間を師の側で過ごして研鑽を積む。

2013カトマンズ最大のホールNepal Academy Hallにて地元の音楽家達と共演。

帰国後演奏活動を開始。これまで神社仏閣での奉納演奏等様々な場所にて演奏を行う。

シタール演奏活動の傍ら楽曲製作も行なっている。

今回の琵琶湖セッションコンピレーションCD"演"への楽曲提供をふくめ企業や雑誌等のCMの音楽も製作している。

biwako session

びわ湖セッション情報&びわ湖セッションSP、ドラムサークル、その他、面白い情報満載!!!

0コメント

  • 1000 / 1000